オバマ大統領の演説方法について

オバマ大統領の演説方法について

オバマ氏の演説は、相手の目線に立つところから開始する。
まず、相手の自身の話を聞かせる、聴衆に自身の言葉が届く状態にする上で、コレは途方もなく重要な事である。
ただ、それに一貫する必要はないのである。
当然、彼自身の言葉の紡ぐ必要がある。
現実、オバマ氏は途中でチェンジオブペースを図る。

 

彼は、話を切り替える際に、感謝の意を示する。
普通、演説が完了する直前、最後の占めの言葉として、聴衆へ聴いてくれた事への感謝、スタッフや家族への感謝を口にする。
しかしオバマ氏は、演説の途中でそれを語る。
それには複合的な理由がある。
1つは、話を切り替える為。
感謝の言葉は、何者が聴いても気分良いものである。
それを演説の連結部にもってくる事で、以下の話を円滑に聴いてもらいやすくなると云う効果がある。
以下の話が若干難解だったり、小難しかったりする時には途方もなく適切な手段である。

 

そして、感謝の言葉を最後にとってつけたように云うのではなく、ガッツリ演説の途中に組み込む事で、聴衆は演説中に喜びと好感をおぼえる。
これに拠って、演説中に背を向けたり、飽きてしまったりする事がなくなるわけである。
感謝は、する人にとっては例えこれ以外大勢であっても、自身の事である。
自身の事を云われて、飽きたままと云う人も多くはないものであるからだ。

 

オバマ氏は、演説に於いてむずかしいと云われている話のネタ転化を、こういった手法で行いる。
聞き手の集中力を持続させる、途方もなく優れた手法である。

 

気になる話題の調査報告

page top