ワキガ手術のPMR法

ワキガ手術のPMR法

「PMR法」と云うワキガの手術方法は確実な効果が得られてかつ一番傷跡が小さいとして日本国内の大学病院等でも注目されている手術方法である。
元々PMR法と云うワキガ手術の方法は、東京女子医科大学とスキンクリニックが共同開発したものである。
PMR法の手術方法としては、まずワキの下に麻酔をする。
麻酔は、組織を取りやすくなる効果があるものを使いる。
次に2種類の器具を使用して汗腺の組織を吸い出す。
吸い出した後、もう1度器具で取り残した汗腺がないかを点検する為、ワキガ治療効果が高く為ってるようである。
長所として、手術による体への負担が多くはない事が挙げられる。
その為手術後も入院の必要がないのである。
回復が早い事も長所である。
更にワキガだけではなく多汗症の症状を治す効果も在り、永久脱毛する事ができるのだ。

 

ワキガの他の手術法で使用する器具よりもPMR法で使用するものの方が幅4ミリと格段に小さいものを使用していて細かい組織まで完璧に取る事が出きるそうである。
その為ただしい部分を傷つける危険度も少なくて安全に完治させる事が出きるのである。
傷跡自体も5ミリレベルであるため途方もなく小さくて、ワキのしわに沿うように切開するため目たたない。
この方法だとワキガを完治させる事が出きる為、再発の可能性がないのである。
ワキガの気に成る臭いや汗、黄ばみ等を1回の手術で完治させる事が出きる方法である。
手術後は1週間ほど安静が必要であるが、重いものをもったり、腕を上げないようにしたり、ワキを移動させないようにしたりしなければいい為、簡単な家事レベルならば手術当日から実践する事ができるのだ。
通常は1週間ほどで抜糸をして、10日から2週間レベルでスポーツも可能に成る。

page top