精神安定剤と睡眠薬の副作用

精神安定剤と睡眠薬の副作用

近年の睡眠薬とは精神安定剤の1つとして処方されている物が殆どだと云われている。
本来精神安定剤には鎮静機能と催眠機能と云う2つの機能が大幅に有る。
その機能の内、催眠機能がつよく活動している物を睡眠薬として用いられている事が少なくない様であるためである。
であるからここでお話しする睡眠薬にかんしては、精神安定剤の1つとしての睡眠薬として記述している事をご了承ほしい。

 

 

睡眠薬を服用する上で1番尊重されている事は、効果の持続性と服用する時間である。
睡眠薬には2から3時間の効果しかない短時間の物から数時間効果が現れる長時間タイプの物まで多種多様有る。
睡眠障害の症状に拠って服用する内容が変わってくるのである。
但し長時間タイプの物を深夜過ぎに服用してしまうと、朝でも睡眠薬の効果が残ってる状態で目覚めてしまう為に以下の日の夜に寝付けなくなると云う現象がおきてしまい、更に薬を服用しなければならないと云う悪循環に陥ってしまう事も有る為、服用する時間とタイプはキッチリと考えなければならないのである。

 

 

さて、睡眠薬にかんしては多少誤解されている部分も有るとはおもわれる。
飲み過ぎてしまうと死んでしまうのじゃないかと云った誤解である。
薬の乱用は有らぬ状況をつくり出してしまう可能性が有る為、勿論してはいけない事である。
しかし用量・用法を守って服用していれば睡眠障害等を改善してくれる途方もなく良い薬に成る為、キッチリと守って服用する様にすべきだろう。

page top