ソフトコンタクトレンズのケア方法

ソフトコンタクトレンズのケア方法

いまは使い捨てのソフトコンタクトレンズが多いのだろうか。
それでも、1日使い捨てレンズ以外は、ケアをするように為っていると思うから解説する。
ソフトコンタクトレンズは、柔らかい素材であるために汚れもつきやすく、また落ちにくいものである。
普通ならば1から2年ほど活用できるレンズであっても、ケアの仕方や目の分泌物の量などによって劣化してくる。
わずか3ヶ月ほどでダメになる人もいるようだ。
それでもやや綺麗(きれい)に用いるために、一般的なケアの方法について書いておく。
これもケア方法は大きく分けて2種類である。

 

≪煮沸消毒≫
レンズをはずして手のひらにのせる。
まず洗浄液でこすり洗いをして汚れを落とす。すすぎ・保存液(ソフトでは水道水は使えない!)でよくすすぐ。
保存ケースに保存液を満たし、レンズを浸す。煮沸消毒器にレンズケースを入れて、コンセントに差し込み消毒する。
週に1度は蛋白除去を実施する。

 

≪コールド消毒≫
いまは比較するとこちらが一般的であるか?
レンズをはずして保存液などでシンプルにすすいで、消毒液(過酸化水素など)に浸して一晩おく。
装用するときに保存液でまたすすいで装用する。

 

以前は煮沸消毒が一般的だったが、煮沸することで残存しているタンパク質がかたまってしまい、レンズの劣化の原因になることが有る。
そして手間もかかるので、近頃はレニューなどのコールド消毒が一般的に為っているようである。
コールド消毒もそのメーカーが指定しているものを用いるのがベストだ。

page top