≪予防医学と食事≫予防医学と疲労した目にブルーベリーの効果

≪予防医学と食事≫予防医学と疲労した目にブルーベリーの効果

目の疲労感、目の痛みを経験したことのある人はどれくら云うだろうか。
ハッキリとした目の痛みを実感していなくても、視線を動かしたら景色がかすんだ、室内から外に出たら目がしょぼしょぼした、くらいの経験はどのような人でもあるのではないだろうか。
それは「目の筋肉が緊張しているよ」「目が乾いているよ」などというサインである。
症状が軽いうちは、目を休ませることで回復するので、目の疲労感が肩こりや頭痛などの症状へ進行する前に、予防医学の実践をすべきだ。

 

目の疲労感を回復させるには、目をつぶってホットパックをすると血行が促進され効果的である。
わざわざ専用のアイピローなどを購入しなくても、温かい蒸しタオルを目の上に乗せて代用することもできる。
目がスッキリする。
また、食生活において必須な栄養素を摂ることで、疲労回復しやすい体質にしていくことも肝心な予防医学である。
よくブルーベリーが目によい、という話を聞こないか?
これは、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が目によい活動をすることがわかっているからである。
アントシアニンは、目で目にした映像を脳に伝達する活動の手助けをする。
これは目が疲労感てから摂るのではなく、これから目を用いて何か作業をする3時間ほど前に摂ると、最も効果的と言われる。
疲労を実感する前に対処する、まさに予防医学だ。

 

朝のトーストにはイチゴジャム、という習慣または慣例の人も、ちょっと気持ちを変えてブルーベリージャムにしてみるのも良いのではないだろうか。

page top