足つぼ・反射帯療法の歴史について

足つぼ・反射帯療法の歴史について

足ツボ療法とよく類似したものに、反射帯療法が有る。リフレックス・ソロジィとも称される。

 

ツボ療法が、ツボを正確に探し求め出すことが絶対的に必須であることから、素人にはむずかしい面もあるのに対し、リフレックス・ソロジィは、ツボよりも広いゾーン(反射帯)を刺激することから、素人でもやや容易にできるとして欧米を中心に注目されている。

 

足の反射帯を初めに発見したのは、古代インド人ではないかといわれている。インドには、現在から2500年以上前に、「仏足跡」というものが存在していた。「仏足跡」というのは、釈迦の足の裏の形を石に刻んだものである。この仏足跡の中には、人体図が描かれているものがあるのである。これが反射帯を表しているのではないか、といわれている。

 

リフレックス・ソロジィを現在のように治療として体系化したのは、アメリカのフィッツジェラルド博士(1872〜1942年)である。博士は、調査を積み重ね、「足は全身を映す鏡のようなものであり、足の反射帯は人体の臓器や組織と密接な関係がある」という結論を導きだしたのである。

 

更にその後、『足は全部を物語る』で著名な、アメリカのイングハム女史により、リフレックス・ソロジィは、一般的に知られるように成った。こうして、ドイツのマルカート女史の『足の反射療法』が1974年に発刊されると、ドイツを始めとしてヨーロッパ、アメリカへとたいへんな反響と余波を呼ぶようになったのである。

page top